膝の痛み、変形性膝関節症なら沼津の整体 安具楽

膝の痛み

その膝の痛みいつまで我慢しますか?

インターネットで膝の治療法や療法の情報を検索されているかたの多くは膝に問題を抱え、様々な治療法、病院、薬(場合によっては整形外科的な手術)を試された方もいるかと思います
安具楽へ来院される多くの方々は、同様の過程をたどってこられた割合が非常に多いです。
なぜ今までの治療法で膝の問題が良くならない・改善されないのか?

人間は一人一人、からだも生活も環境も違います

痛くなるには理由(原因)があります。
膝という部位が痛くなるる(しびれる)には複数の要因、または原因があり。また患者さんの生活環境もまったく違うものです。違うものにもかかわらず、膝関節炎にはこの治療法、この整体法、変形性膝関節症にはあの治療法、このサポーター、オスグットにはこれ・・・あれもこれも
症状に対する対処療法を行い続けても、原因を見つけ出し、その原因に対してアプローチそして解消するメソッドがなければ、良くなることはありません。
対処療法を続けたとしても、一時期症状が和らいでも、原因がなくならない限りまた症状がでてきます。
もう、我慢し続けることはありません。
それでも続けますか?
安具楽でも良くありますが、病院や医療機関でレントゲン・MRIなどの検査では「膝○○症」、または「異常はなかった」と言われて痛み止めとシップ、リハビリと電気治療器をやっていました・・と言われる患者さんが多いです。なかには数年にわたって通院されているかたも見えます。

また有名な○○先生が開発した膝サポーター、本に載っていたサポーターを付けています・・それらの方にいつもお聞きします。「続けることによって痛みはなくなりましたか?、減少しましたか?」

膝のサポーター

症状を抱えている方は皆、必死に真剣に治そうとしておられます。
ここで私から提案させてください。
視点をかえてみませんか?
視点を変え、痛みの原因に目を向けましょう。そして原因を発見し、そこから痛みをなくし、自由な生活を取り戻せる方向に向かいましょう。

膝の痛み専門整体

安具楽での実績症例と解決への考え方

痛みはどこから来るのか?

何度もくりかえしますが、原因(根本)を突き止めることです

例えば下記のように体の歪みが原因の膝の痛みがあります
これでは膝をいくら治しても、歪みをとらなければ痛みや不調は取れません

からだのゆがみが・・

このイラストの膝の部分を拡大すると!

膝関節の歪みから

確かに膝には過度な負担が左右どちらにもかかる可能性があり
また、その期間が長ければ長いほど、重い症状が出る可能性があります。

病院や、治療院、整体などの対応も、痛みが出ている膝に集中してしまいがちです。
膝に注射(ヒアルロン酸等)、水を抜く、電気を当てる、周辺筋を緩和・マッサージをする

その場や、しばらくは落ち着くかもしれません。

でも根本的に、原因を取ったわけではないので再発の可能性が高いです。

上記のイメージ図の場合まず、からだの歪みを取るところから始めなければ、また同じ症状がでる可能性が高いということであり、根本治癒を考えると、ここ(歪み)を調整、回復を始めて、次に症状を取っていかなければダメということになります。

上記は膝の痛みの症状のほんの一例ですが,歪みを作る動作を日常でしていませんか。

例:横座り(よこずわり)、足を組んで座る、頬杖をつく、横向きで肘枕をついてテレビを見る
○お子さんであれば
例:片膝を立ててゲームや携帯電話をする、足を組む、猫背の姿勢でソファでくつろぐ

子供・少年期の膝の症状

成長痛・オスグット病(オスグットシュラッター氏病)
【野球やサッカー・バスケ、クラシックバレエなどのスポーツをやられている方】
O脚、X脚からの痛み、運動中に痛い、傷害による損傷(半月板、靭帯)

中高年に多い症状

変形性膝関節症、膝周辺の浮腫(むくみ)、膝裏の痛み、水が溜まる(関節水腫)
膝関節炎、膝が腫れる、

スポーツでの膝の症状

ランナー膝(マラソン膝)、オスグット、ジャンパー膝、シンスプリント膝の半月板、靭帯(側副靭帯、十字靭帯)の損傷

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional