ギックリ腰や慢性腰痛には沼津の整体 安具楽

食べ過ぎで腰痛!

食べ過ぎで腰痛!

この時期に多いぎっくり腰や腰痛
ご注意くださいね
年末年始の腰痛
寒くなるとどうしてもからだがこわばります
さらにブルブル寒いのでからだを丸めます

丸まった姿勢が続く冬は、それだけでも
姿勢からの体の負担が増え、肩こりや腰痛
が多くなります




さらに!!!

忘年会や新年会
同窓会や久しぶりにあう親族との実家の宴会など

飲んだり食べたり
飲んだり食べたり
飲んだり食べたり

が多くなってきます
胃や腸、腎臓や肝臓などの
内臓の負担が大きくなります




わかる人もいるかもしれませんが
内臓(特に腎臓)が下垂すると
大腰筋といわれる腰痛の原因に
なりやすい筋肉を押すので(負担をかける)


どーんとした慢性腰痛や
突然のバキ!とくるギックリ腰などを
誘発する場合があります




さらには、飲み会の会場となる場所が
普段座り慣れていないイスだったり

座敷の畳の上に長時間のあぐらや
横ずわりなどで骨盤や腰椎に
負担をかけることも多いです


結果→腰痛やひざ痛を引き起こしたり
します





基本は、「ほどほど」にです
食べ過ぎたら、内臓をやすませることも必要です




また暴飲暴食で披露したあとの寝正月などは
筋肉など身体がこわばりやすくなりますので

適度に動いてくださいね!

それでは良い年末をお過ごしくださいね

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional